【コラム】運勢鑑定士 西敏央先生 “運のお話” 6月15日号

「運」と一言で表しても、捉え方や使い方はまさに人それぞれ。
でも決して生活や人生を束縛してしまうものではない…。
もっと気楽に上手に「運」を身近なものに感じる事が出来る、そんな「運のお話」です☆

『決断した自分を信じて吉 ー好転反応に負けないでー』

『自分の運は自分で決める』

という意思を原動力に、

★転職
★転居
★結婚

など、人生の決断をしたとして。

万一、いきなりは上手くいかず、
失敗や不具合の連続だったとしても、
自分の運を疑う必要はありません。

むしろ、壁にぶつかることこそ、
新しい未来へ踏み出した証です。

今日のランチの献立を選ぶのと、
人生の決断を下すのでは、
その影響力は段違いです。

当然ながら、決断する前とした後では、
大きく運が変わります。

仕事が変わり、住居が変わり、
そして人間関係が変わるわけです。

これまでの働き方や暮らし方、
人との付き合い方とは異なる、
別の人生へとシフトすることになります。

そのようにして、
新たな環境に身を置き始めたならば、
慣れないことや馴染まないことが、
色々と出てくるのは自然なこと。

どんなに強い意思と希望を持っていたとしても、
その想いとは無関係に、ギャップに悩みます。

運が変化を受け入れて最適化されるまでの間に、
様々な不具合が吹き出すのは偶然の必然です。

好転反応と言っても良いくらい。

※好転反応:良くなる前兆

ところが。

人は、意外と節目において、
縁起を気にするもので。

普段は時期とか方位とか、
運勢だとかに興味がない人も、
いざ、決断後の不調を味わってしまうと、

『転職してから人間関係が』
『転居をきっかけに体調が』
『結婚してから二人の仲が』

など、上手くいかないことの理由を、
自分の運に求めがちです。

そうしてウジウジと悩み迷う中で、
自分の運を疑い始めます。

その必要はないです。

例え最高の時期に決断したとしても、
発展・成長の過程では相応の努力を求められます。

何の苦労もなくすんなり手に入る、
成功や良縁や財産はありません。

これまでの自分から、
これからの自分へと、
運を一段階上げるためには、

『色々とある過渡期』

を負けずに過ごし抜ける必要があります。

そうして、

★新しい仕事
★新しい家
★新しい人間関係

に慣れた頃には運も軽やかになり、
新しい未来の扉が開くはずです。

自分の運を自分で決めたならば、
そんな自分を信じて吉。

もしも自分を疑うとするならば、
決断した後ではなく、決断する前です。

『これで大丈夫だろうか?』
『他に道はないだろうか?』
『別の時期や方位はないか?』

など、色々と検討をした上で、
たまには運の吉凶も意識して吉。

その後、決断を下したならば、
自分の運を信じて吉。

それでは☆

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
記事執筆:有限会社西企画 代表取締役/運勢鑑定士 西 敏央 先生(にし としひさ)
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + fourteen =