【コラム】運勢鑑定士 西敏央先生 “運のお話” 11月1日号

「運」と一言で表しても、捉え方や使い方はまさに人それぞれ。
でも決して生活や人生を束縛してしまうものではない…。
もっと気楽に上手に「運」を身近なものに感じる事が出来る、そんな「運のお話」です☆

『2017年11月の運勢 ー11月7日〜12月6日ー』

11月は助走の月。

12月の師走&繁忙期へ向けて、
止まっていたはずの運が再始動するとき。

『忙しくなるのは12月』
『忙しくするのも12月』

という気分で過ごしていると、
運の波に乗れなくなる。

または、12月がキツ過ぎてダウンする。

11月からしっかり動き始めておけば、
12月が楽になるし、より充実する。

★大掃除
★忘年会
★新年会
★お正月
★年賀状
★年末進行
★クリスマス

などのイベントへ向けた、
準備・連絡・根回しは、
11月からどんどん始めて吉。

そのためには、12月の未来を先読みし、

『事前にやっておけること』

をリストアップして吉。

そのためには、視点の転換が必要。

これまでの流れ通りではなく、
未来から逆算してこそ、

『今やるべきこと』

を正しく把握することができる。

★現在何をすべきか→将来何をすることになるか
★自分がどうしたいか→他人はどうして欲しいか
★他人に何をしてもらうか→自分は何ができるのか

など、今ある考え方や動き方を、
異なる角度のアプローチへと変化させて吉。

多角的な考え方や、
客観的な視点を持っている人は、
進むべき道を見失わない。

自分だけの価値観にこだわったり、
感情に縛られて視野が狭くなったりすると、
本当にやるべきことが分からなくなり、
動きが不安定になる。

運の流れに停滞を感じたときは、

『今とは違う見方・考え方・動き方』

を心がけて吉。

また、

『視点を変えること』

を拒絶し面倒臭がる自分に気づいたときは、
今目の前にある決断や選択を一時保留して吉。

立ち止まり、流れに節目を作り、
再出発の機会を自ら作ることができれば、
それだけで変えられる運勢もあるはず。

運が動くのは12月。

でもその12月をより良い時間にするために、
運の調整が必要なのは、11月。

良き助走の1ヵ月となりますように。

それでは☆

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
記事執筆:有限会社西企画 代表取締役/運勢鑑定士 西 敏央 先生(にし としひさ)
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + fifteen =