6月16日 今日は何の日

本日から七十二候では「梅子黄(うめのみきばむ)」に入ります。

言葉の通り、梅の実が熟してきて薄黄色になっていく頃という意味です。
青かった梅の実が日に日に熟していくのはちょうど梅雨入りの頃。
実際に、「梅雨」というのは”梅の実が熟す時期の雨”というところから来ているという説もあるのだとか。

青梅で梅酒や梅ジュース、甘露煮や梅シロップなど作りますが、梅干しを作るには熟した梅の方が適しているそうです。
いずれにしても今年の梅もおいしく戴きたいものです(^.^)

さらに、本日6月16日は「和菓子の日」☆
もともとは「嘉祥の日」と言われ、848(嘉祥元年)年に時の仁明天皇が御神託に基づき、6月16日に16の数の菓子や餅などを神前に供え、疫病除け・健康招福を祈ったというところから由来しているという説があります。
以降、明治時代まで嘉祥の行事は盛んに行われていたそうなのですが廃れてしまい、1979(昭和54)年に全国和菓子協会が「和菓子の日」として復活させたのだそうです。

仲居は和菓子が大・大好きなので、本日はここぞとばかりに、おやつに和菓子をたくさん戴いちゃいます(*^^*)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + fifteen =