【コラム】運勢鑑定士 西敏央先生 “運のお話” 7月15日号

「運」と一言で表しても、捉え方や使い方はまさに人それぞれ。
でも決して生活や人生を束縛してしまうものではない…。
もっと気楽に上手に「運」を身近なものに感じる事が出来る、そんな「運のお話」です☆

運勢の個人差 〜気の影響は人それぞれ〜

天赦日:とても縁起の良い日
不成就日:とても縁起の悪い日

どちらもあるのが運勢です。

吉方位:行くと運が良くなる方位
凶方位:行くと運が悪くなる方位

そんなのも、暦には掲載されています。

大安:よろず吉
仏滅:よろず凶

っていうのは、みなさん良くご存知で。

他にもここでは挙げきれないほどの、
色々な作用がこの世界を構成していて。

けれど。

その全てが、同じくらいの強さで、
自分に作用しているわけではありません。

全ての人に等しく作用する気などないのです。

例えば。

月齢(月の満ち欠け)の方から、
より強い影響を受ける人っています。

月の満ち欠けより気圧の上下の方が、
ダイレクトに作用する方もいます。

大安とか仏滅など、一切関係なしで終える人生はあり、
聖書からの影響で決められた日常というのもあって。

つまり。

人が何からどんな影響を受けるかは、
大いに個人差があり、人それぞれということです。

そして。

自分がどうなのかは、
自分にしか判断できないものです。

それってどういうことかと言うと。

縁あって見知った情報の全てが、
自分に関係するとは限らないってことです。

あの人から吉方位って言われたり、
あの本に凶方位って書いてあったり、
今日は最高に縁起の良い日だとネットで知ったり、
でも別の人は全く逆の縁起悪い日だと言っていたり、、、

それらをいちいち真に受ける必要なし。

『何が正しいの?』
『誰が本当なの?』
『どうしたらいいの?』

と迷うのは、もうやめて良さそうです。

なぜならば。

あの人にとって確かに吉であることが、
自分にとってまで同じくらい吉とは限らないから。

あの人にとっては恐るべき大凶であることも、
自分にとっては大したことのない、
小さな障害ってこともあるから。

そこは、長い人生の中で、自分で見極めて吉。

自分が何から影響を受けるか、
という人生において最も大切な要を、
誰かに決めてもらおうとしないで吉。

それでは☆

 

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
記事執筆:有限会社西企画 代表取締役/運勢鑑定士 西 敏央 先生(にし としひさ)
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × two =