【コラム】運勢鑑定士 西敏央先生 “運のお話” 2019年12月1日号

「運」と一言で表しても、捉え方や使い方はまさに人それぞれ。
でも決して生活や人生を束縛してしまうものではない…。
もっと気楽に上手に「運」を身近なものに感じる事が出来る、そんな「運のお話」です☆

2019年12月の運勢 ー安心して停滞できる師走を目指せー

12月は休息期。

繁忙の11月を過ごし切った後、
少し心身を緩め一息つきたい頃合い。

けれど世間はそれを許さぬ師走。

疲れた自分になど御構い無しに、

・年末進行
・忘年会
・クリスマス
・大掃除
・お正月

などが押し寄せてくるはず。

そこで最も注意したいのが健康運。

疲れと気温の低下の相乗効果で、
全体的に体調は停滞し抵抗力は下がるはず。

今の時点ですでにげっそりという方は、
流行病に気をつけて、手洗いうがいを忘れずに。

★体を冷やさない(保温・加温・加熱)
★睡眠を削らない(昼寝より夜寝を)
★休日に予定を入れない(余計な気を使わない)

などで対策を取り、
何とか世間の荒波を乗りこなして吉。

一方で。

繁忙の11月を確かに充実させられた人は、
仮に12月、停滞の中で倒れたとしても、
そのまま安心してお休みください。

大事なことは前倒しで済ませてあるはず。

事前に準備可能な段取りはバッチリ。

大掃除も、あとは要所をサラッとで。

今ここでサボっても大丈夫なように、
11月を過ごしてきたのだから、
下手に無理する必要なし。

多少は周囲に甘えたり、
少しくらい周りに迷惑かけても問題なし。

少なくとも運への悪影響は微弱です。

なぜなら、本当に大切なことは、
すでに自らの責任において、
11月中、済ませてあるのだから。

最後に。

今から迎える12月は、
2020年という洗練の年の、
練習をするのに最適です。

『誰と過ごすのが楽しい?』
『どこで何を食べるのが嬉しい?』
『どんな年末年始が好き?』

そう問われたとき。

2020年12月は、自分史上最高の、
クリスマスやお正月にしたいです。

仕事では成果を出したいし、
縁を整えて楽しみたいです。

じゃあ、今年の12月はどう?

目指す理想の師走になってる?

ちゃんとイベントを楽しめてる?

そこをチェックすることで、
きっと課題が見えてくるはず。

それを踏まえて2020年11月までを過ごせば、
来年の今頃は、ピカピカに洗練され、
素敵になった運で12月を迎えられます。

なんてことを意識しながら、
忘年会の予定を調整し、
お正月の過ごし方を考えて吉。

それでは☆


記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
記事執筆:有限会社西企画 代表取締役/運勢鑑定士 西 敏央 先生(にし としひさ)
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × one =