【コラム】運勢鑑定士 西敏央先生 “運のお話” 12月15日号

「運」と一言で表しても、捉え方や使い方はまさに人それぞれ。
でも決して生活や人生を束縛してしまうものではない…。
もっと気楽に上手に「運」を身近なものに感じる事が出来る、そんな「運のお話」です☆

『ツキを味方に付ける方法』

運には、変えることのできない流れと、
変えることのできる流れがあるようで。

弊社では、これをそれぞれ、

運命:不可変(予め定まった流れ)
運勢:可変(定まっていない流れ)

としています。

その中で、

『ツキ』

と呼ばれるものは、
運命ではなく運勢とします。

ツイてる人は、運勢が良いです。
ツイていない人は、運勢が悪いです。

ツキは変わるものだし、変えられるものです。

自らの言動により、
引き寄せることもできれば、
手放し見放されてしまうこともあります。

別の言い方をすると。

ツキは、それまでの自分次第です。

ツイてる人は、それまでの自分が吉。
ツイていない人は、それまでの自分が凶。

ツキを味方につけるためには、
自分の運勢を整えて吉。

そして。

★吉時期
★吉方位
★ラッキーアイテム

などは、運命ではなく、
運勢を整えるためのアプローチ方法です。

また、それらは、
ツキを味方につけるための、
色々ある具体策の中のほんの一部です。

吉時期や吉方位だけが、
幸運と良縁を引き寄せる方法ではありません。

食事や言葉遣いや、
ちょっとした日頃の心がけにより、

★レストランでサービスしてもらえる
★役立つ情報をこっそり教えてもらえる
★大事な日に調子良く過ごせる

などのツキを引き寄せることは可能です。

もしも今、自分がツイていないと感じるならば、
その運勢は変えることができます。

そこでマニアックな運の知識は不要です。

ツイてる人の過ごし方を参考にし、
その一部だけでも真似することができたら、
少しずつでも運勢は上がってきます。

変えられない運命ではなく、
変えられる運勢の方をまず手入れし、
小さなツキを積み重ねていくのが、
最も楽な運を良くする方法です。

それでは☆

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
記事執筆:有限会社西企画 代表取締役/運勢鑑定士 西 敏央 先生(にし としひさ)
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 3 =