【編集長コラム】春を感じに、秩父神社へ

あたたかい陽気に誘われ、昼食後、散歩に出かけた。
編集部からあるいて1分、「知知夫国の総鎮守 秩父神社」へカメラ抱えて。

毎年、それはそれは見事な花を咲かせる枝垂れ桜の時期はもう少し先。
今日はそれがお目当てではなく、この時期に顔を見せてくれる桜の木の様子を見に、てくてくと。

「今年はどんな感じだろう」

と思い歩み寄る。
良かった。本年も素敵な花を咲かせてくれていた。

望遠レンズ越しに桜の花を覗いていると、そこには蜂が蜜を吸う姿があった。
自然はそれぞれの生命を譲り合って成立しているのだな、と感じた春の昼下がり。春夏秋冬の顔をはっきりと感じることのできる秩父は、日々私に様々なことを教えてくれる。

記事:編集長 佐藤秀光

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + five =