【コラム】運勢鑑定士 西敏央先生 “運のお話” 6月15日号

「運」と一言で表しても、捉え方や使い方はまさに人それぞれ。
でも決して生活や人生を束縛してしまうものではない…。
もっと気楽に上手に「運」を身近なものに感じる事が出来る、そんな「運のお話」です☆

【九星別】変化に強い星と弱い星

2019年は変化の年。

一時的に流れが不安定になり、
時代が動揺する1年です。

変わるって、大変。

これまで通りの方が楽。

けれど、定期的に訪れるのが変化の運勢。

変わらないわけにはいかない中で、
七転び八起きしながら、
歯を食いしばって前を目指す。

2019年は、そんな変化の年です。

変化の運勢に最も強い星は、

★二黒土星
★五黄土星
★八白土星

の3つです。

変化の荒波を難なく乗りこなす、
なんて器用さはありません。

ちゃんと大変だし、
しっかり疲れます。

けれど、何だかんだ言って、
生き残る強さが、この3つの星には、
生まれながらに備わっています。

一方で。

変化の運勢に弱い星は、

★一白水星
★四緑木星
★七赤金星

の3つです。

決して揺らぐことのない、
内に秘めた固有の価値観と、
移り変わる周囲とのギャップを、
補正する作業が鍵となります。

コミュニケーション能力は高いのに、
自分の気持ちを説明することや、
自分の価値観を分かってもらう根回しが、
なぜか苦手な人達なので、

★役割分担が変わる
★使う道具が変わる
★常識や定番が変わる

という変化の荒波の中で、
孤立して落ち込むことが多いです。

自分自身を変える必要はなし。

でも、新しい時代に合わせた、
新しい自己表現の方法は必要。

そのためには、説明や根回しをしっかりと。

最後に。

変化の運勢に対して、
強いのか弱いのかハッキリせず、
どちらとも言えないのが、

★三碧木星
★六白金星
★九紫火星

の3つの星。

この感性・直感の系統は、
調子の波に翻弄されます。

変化の機運を捉えて、
臨機応変にブレイクスルーする、
なんて成功は大いにあり得ます。

けれど、そんなミラクルを、
安定的に起こせるわけなどなく、
気持ちが乗らないときや、
感情的になってしまっているときは、
的を外しまくって停滞します。

先を読むセンスは優れているのだから、
まずは落ち着いて、大人になりましょう。

心の平静を取り戻すことができたならば、
あとは自分を信じて吉。

以上、九星それぞれが持つ、
変化という運勢への向き不向きでした。

自分の星が何か、はもちろん、
自分の周囲にいる大切な人が、
変化に強いのか弱いのかも、
少し意識しておけると、
これまでよりちょっとだけ、
楽に過ごせるようになるはずです。

それでは☆


記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
記事執筆:有限会社西企画 代表取締役/運勢鑑定士 西 敏央 先生(にし としひさ)
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × five =