「コカ・コーラ」スリムボトル地域デザインに埼玉限定ボトルが新登場!

〜上野・名古屋も同時に11月20日より発売〜

コカ・コーラシステムは、地域それぞれの観光名所をイラストで描き、スタイリッシュで特別なパッケージにデザインした「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザインの埼玉ボトルを、2017年11月20日(月)から地域限定で発売をする。

「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザインは、旅をより楽しくする特別なパッケージとして北海道・東京・横浜・京都・瀬戸内・熊本の各ボトルを今年発売した。
いずれの地域でも旅行中の食事やリフレッシュに、またお土産にぴったりのボトルとして好評をいただいたことから、今回新たに3地域のボトルを発売することとなった。

3地域それぞれのシンボルや代表的な観光スポットをイラストでおしゃれにデザインした、その地域でしか手に入れられない限定ボトルとなっているが、今回その1地域に埼玉が入っており”長瀞の川下り”と”川越の「時の鐘」”がデザインされている。
この「埼玉ボトル」は、観光客だけでなく地元の方にも地域の魅力にあらためて気づいていただけるデザインとして、新たに追加になったという。

他2地域は、赤ちゃんパンダ誕生や外国人観光客の増加による地域の盛り上がりから”パンダ”と”不忍池”がデザインされた「上野ボトル」と、日本を代表する大都市圏であり外国人観光客の人気も高まっていることから”武士”と”名古屋城”がデザインされた「名古屋ボトル」だ。

 

「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザインは、“スリムボトル”ならではのスタイリッシュな形状で250mlの飲みきりサイズなことから、旅先での食事やひと休みしてリフレッシュしたい時に飲むと旅気分がさらに盛り上がり、さらに旅の記念グッズとして家族や友人へのお土産に、海外からの旅行者が日本の風情を楽しむのにぴったりだという。
地元を愛する人や年末年始の帰省時にふるさと気分を味わうのにもおすすめとのことだ。
いずれも各地域のお土産店、物産店、スーパーマーケットを中心に発売される。

「コカ・コーラ」スリムボトルは、暗闇で触れただけで「コカ・コーラ」のボトルだとわかるほど特徴的な“コンツアーボトル”の輪郭を引き継ぎ、アルミニウム素材を使ってさらに進化させたプレミアムパッケージ。
地域デザインは今回の発売で全9種類となり、「コカ・コーラ」ならではのおいしさと地域の観光地を描いたパッケージをさらに多くのエリアで楽しんでいただける。
本製品を通じて、地元の方には地域の魅力をあらためて感じていただき、旅行中の方にはいつもとは違う旅の“特別なひととき”をお届けする、と同社は言う。

<製品概要>
■製品名 :「コカ・コーラ」スリムボトル 地域デザイン
■品名  :炭酸飲料
■原材料名:糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)/炭酸、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン
■栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー45kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物11.3g、食塩相当量0g
■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税別): 250ml スリムボトル/125円
■販売地域:埼玉エリア限定(埼玉ボトル)、上野を中心とした地域限定(上野ボトル)、名古屋を中心とした地域(名古屋ボトル)
■発売日 :2017年11月20日(月)
■販売チャネル:お土産店、物産店、スーパーマーケットなど


「埼玉」という県単位である中で、長瀞の川下りがデザインに組み込まれたことは大変嬉しく思う。
それだけ「埼玉を代表する観光スポット」であるということだ。
地元の皆さんがデザインを楽しむのはもちろん、埼玉を訪れる多くの人がこのボトルを手にして”長瀞”を知り、訪れるきっかけになってもらいたいと願う。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + ten =