「キャンプは興味ある、でも虫や日焼けがちょっと…」でも大丈夫!

〜アレンジ自在で開放的な大型スクリーンタープ発売〜

ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)のアウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR(R)(ドッペルギャンガーアウトドア)」は「コネクタブルスクリーンタープ」を発売した。

スクリーンタープとは、アウトドアで使える日除け兼蚊帳のことを指す。
オープンなタープとは異なりメッシュ素材の幕を張り巡らせることができるのが特長。
虫よけとして活躍することはもちろん、手軽に日陰を作り出すこともできるため、特にアウトドアに不慣れな初心者や虫が苦手な方、女性や子どもがいるグループキャンプなどで重宝することが期待できる。

それでは早速、商品を紹介しよう。

<製品特長>

今回発売となった「コネクタブルスクリーンタープ」は、大型のメッシュウインドウを備えたパネルドアを4面全てに配備。
それぞれのドアは独立しており、クローズ、メッシュ、キャノピー(別売ポール利用)と状況に合わせて様々なアレンジができる。
熱がこもりやすい天井には大型のベンチレーターを搭載。
ドアを締め切った状態でも効率良く換気ができるようになっている。

脚を広げて伸ばすだけのシンプルな設計で、組み立てに迷ったり、パーツをなくしたりする心配はなく、キャンプ場に到着してすぐに日陰がほしい時、あっという間に設営ができるとのことだ。
作り上げられる空間は3.5m四方(約7畳)で、テーブルやチェアを置いても大人5人がゆったり過ごせる広さ。
キャンプサイトのリビングルーム・くつろぎの空間として活躍してくれるであろう。

なお名前の一部「コネクタブル」は、2016年に発売したキャンプビギナーを中心に人気の「プレミアムワンタッチテント」と繋げられることを意味している。
別売りの「コネクタブルスクリーンタープ用トンネル」を取り付ければ、「プレミアムワンタッチテント」とスマートに隙間なく連結することができ、虫や雨の侵入を防ぐことができるとのこと。
※「コネクタブルスクリーンタープ用トンネル」は「プレミアムワンタッチテント」専用品のため、「ワンタッチテント T5-503」をはじめとした他モデルには使用不可。

製品の概要やスペックなどの詳細は、Webサイトを参照いただきたい。
【製品名】コネクタブルスクリーンタープ
【製品名】コネクタブルスクリーンタープ用トンネル

 

ご自身でキャンプに出かける時、またお知り合いの方を秩父に呼んでキャンプを楽しんだり…と、思い切り自然を楽しんでみてはいかがだろうか。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 3 =