5月14日 今日は何の日

本日5月14日は「温度計の日」。

皆様、「華氏(かし)」ってご存知ですか?
アメリカ・イギリス・カナダで主に用いられている、温度の単位です。
日本で使われている温度の単位は「摂氏」「℃」で表しますが、華氏は「°F」で表されます。

華氏は英語で”Fahrenheit(ファーレンハイト)”といい、この頭文字のFから「°F」となっています。

そしてこの”Fahrenheit(ファーレンハイト)”は、実はドイツの物理学者の名前なのですが、このファーレンハイトさんこそが温度計を発明した人なのです。
1686年5月14日が彼の誕生日ということで、本日が「温度計の日」となったわけです。

ちなみに、0℃=30°F、人の平均体温の36℃=96.8°Fとなります。
アメリカなどに行かれた時、℃と°Fのどちらが使われているかきちんと確認をしないと「え?!」とびっくりすることになりますので、覚えておくといいかもしれませんね(^^)

 

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 4 =