【コラム】運勢鑑定士 西敏央先生 “運のお話” 9月15日号

「運」と一言で表しても、捉え方や使い方はまさに人それぞれ。
でも決して生活や人生を束縛してしまうものではない…。
もっと気楽に上手に「運」を身近なものに感じる事が出来る、そんな「運のお話」です☆

人間関係の再設定 ー節目ごとに求められる調整ー

年齢を重ねるごとに、
好みは変遷していきます。

価値観は変わらずとも、
立場や役割や環境に応じて、
大切にするものが変わります。

★転職や転居
★結婚や離婚
★失敗や成功

そんな人生の節目の都度、
これまでと、これからの間で、
差異が大きくなっていきます。

グラデーションで分かりにくかった変化も、
ふとした拍子にドンと表に現れます。

分かってはいたけれど、
誤魔化してきた違和感も、
どこかで限界が出てきて、

『もうこれ以上はこのままでは難しい』

という状況になります。

そこでまず求められるのは、
人間関係の調整です。

家庭や職場や地域において、
これまでとは異なる役割分担や、
責任の再設定が必要となります。

今まで通りの安心が崩れ去り、
変わってしまうことや、
変えてしまうことを、
嫌がる人もいるでしょう。

けれど、そこで現状維持にこだわると、
運は停滞していく一方です。

節目における人間関係の変化とは、
断絶や争いではありません。

立場や環境が変わったなら、
関わり方を変えた方が、
良い縁が続きます。

そこを無視する方が揉めます。

時代が変わったら、
人との関わり方を変えて吉。

自分や相手の環境が変わったら、
これまでとは異なる付き合い方を、
新たに模索し、再設定して吉。

それでは☆


記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
記事執筆:有限会社西企画 代表取締役/運勢鑑定士 西 敏央 先生(にし としひさ)
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − three =