秩父鉄道×東武動物公園「ホタル列車」運行  車内でのホタル観察の後は秩父の観賞スポットへ

秩父鉄道株式会社 (本社:埼玉県熊谷市、代表取締役社長:大谷 隆男)と東武動物公園 (運営:東武レジャー企画株式会社、本社:埼玉県南埼玉郡宮代町、取締役社長:日置 岳人)では、6月30日(土)に専用車内でホタルを間近で観察できる「ホタル列車」を運行する。本企画は今年で2回目となり、車内では東武動物公園の「ほたリウム」で飼育している「ヘイケボタル」を観察しながら、同園の飼育係からの説明を聞くことができるほか、御花畑駅下車後に秩父市内のホタル観賞スポットへ案内してくれるという企画だ。

詳細は以下のとおり

1. 秩父鉄道×東武動物公園「ホタル列車」

(1) 運行日:2018年6月30日(土)

(2) イベント開催区間:秩父鉄道 急行秩父路9号(くだり熊谷駅-御花畑駅間) 3両のうち専用車両1両

<おもな停車駅時刻>
熊谷駅発(18:30)→寄居駅発(18:50)→長瀞駅発(19:06)→御花畑駅着(19:23)

(3) 参加費:無料
※ご乗車には普通乗車券のほか急行券(大人200円小児100円)が別途必要です

(4) イベント内容

・専用車内でホタル観察 ※明るい場所での昆虫観察です

・東武動物公園飼育係による説明

・ご乗車の方に特別乗車記念証をプレゼント

・御花畑駅下車後、希望者を秩父市内ホタル観賞スポットへご案内(徒歩)
(秩父市上町・御花畑駅下車徒歩約20分)※現地到着後、解散

※雨天の場合、ホタルの観賞はできません。あらかじめご了承ください。
※観賞スポットに行かれる方は懐中電灯をご持参のうえ、歩きやすい服装でご参加ください。

特別ヘッドマーク掲出(6月16日(土)~7月16日(月・祝)・6000系車両1編成)

<秩父地域の主なホタル観賞スポット情報> 6月中旬~7月上旬 ※天候等により異なります

豊かな自然が残る秩父地域ではホタル観賞が楽しめます。

○秩父市上町
→交通:秩父鉄道御花畑駅下車徒歩約20分

○秩父ミューズパーク
→交通:秩父鉄道秩父駅下車タクシー利用

○花ハス園・水芭蕉園
→交通:秩父鉄道武州日野駅下車徒歩約10分

■東武動物公園「ほたリウム」概要

・展示時間:11時00分~16時00分(時間変更あり)

・場所:東武動物公園内

・所要時間:約15分

・料金:400円(税込)

・定員:18名(入替制)

・施設内容:
「ほたリウム」は通年でホタルが鑑賞できる劇場型の施設です。
ヘイケボタルが約1万匹生息しており、ホタルが産卵する陸地と幼虫が生息する水場が再現された大型水槽(2m×2m×3m)で常時50匹から100匹のホタルを展示しています。
暗闇で約7分間、目を慣らしていただき、その後ホタルの光をゆっくり見ることができます。


暗闇に飛翔するホタル鑑賞の前に、電車内で説明付きでホタルを観察できるという企画。存分にホタルを楽しめる夜となりそうだ。一年の中のほんのひと時、ホタルの舞による幻想的な風景が見られることを期待したい。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 5 =