2月15日 今日は何の日

本日2月15日は「春一番名付けの日」☆
「春一番」の語源には諸説あるとのことですが、長崎県の壱岐郷ノ浦町の漁師の間で、春の初めの強い南風のことを「春一」と呼んでいたそうなのですが、1859年2月13日にこの町の漁師が出漁中、突風により転覆してしまった事故をきっかけに「春一」という言葉が広く知られるようになりました。

その後1950年代にマスコミが「春一」という言葉を使うようになり、1963(昭和38)年の本日付の朝日新聞に「春一番」という言葉が初めて登場したのだそうです。
そして、ちょっと驚いたのは、気象庁が春一番の発表を行うようになったのは1985年からということ!
結構最近のことだったのですね(☆o☆)

さて、今年の春一番ですが、昨日九州北部・中国地方・北陸で吹いたことが発表されましたね。
”春の訪れを告げる”と言われる「春一番」。
仲居がいる関東地方にはいつ吹いてくれるのか、待ち遠しいです(*^^*)
(ちょっと突風は大変ですけれど・・・^^;)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + 19 =