数ある新発売の文房具から、有名店のプロが「自腹で買いたい!」逸品とは?

〜「文房具屋さん大賞2018」発表!〜

株式会社扶桑社は、2013年からスタートした文房具ファン注目の『文房具屋さん大賞』を2018年も開催。
“文房具のプロ”である売り場の店員さんが最高の逸品を選ぶ、大賞および各賞を決定した。

「文房具屋さん大賞」とは?

サラリーマンやOL、そして学生を中心に愛される「文房具」。
近年、デザインや効率、機能性がますます多様化し、それに伴いマニアによるイベントなども開催され、“文房具熱”は過熱する一方だ。
そんななか、本賞では、誰よりも真剣に現場で文房具と向き合う「文房具屋さん」に着目。
ここ1年で発売された新商品約1500点の中から、有名店のプロの方々が「自腹で買いたい!」という基準で、最高の逸品を選定し、「大賞」、そして「デザイン賞」「機能賞」「アイデア賞」を設けて発表。
ほか、ボールペンやふせん、収納など各部門賞を発表。
※詳細は「公式サイト」で確認できます。

それでは、主な賞を紹介しよう。

2018の「大賞」は「SAKURA_craft_lab 001」に決定!

数ある新商品の中から現場のプロが選んだ「文房具屋さん大賞2018」の「大賞」に、「SAKURA craft_lab 001」(サクラクレパス)が選ばれた。
ヴィンテージ感が漂うデザインと、使うごとに味わいが増す素材感。
誰もが使用していたクーピーペンシルのフォルムを連想させ、また万年筆を思わせる大人好みの渋色ゲルインキを採用。
「日本人のDNA」に訴える「大人の文房具」が審査員の高評価につながったという。

その他の主な賞は以下の通り。

デザイン賞:クリップ ココフセン(カンミ堂)/ 機能賞:テープカッター カルカット〈クリップタイプ〉(コクヨ)

 

アイデア賞:カクノ 透明ボディ(パイロット)

●主催
株式会社 扶桑社「文房具屋さん大賞」実行委員会/審査員長:高木芳紀(ノベルティ研究所)

●審査参加社(五十音順)
石丸文行堂、コーチャンフォー、TSUTAYA、東急ハンズ、ナガサワ文具センター、丸善ジュンク堂書店、マルノウチリーディングスタイル、有隣堂、ロフト

 

なお、各賞の詳しい説明等は、以下の公式本『文房具屋さん大賞2018』にて紹介されている。

新刊『文房具屋さん大賞2018』

■概要
書籍名:『扶桑社ムック 文房具屋さん大賞2018』
定価:本体830円+税
判型 :AB判
頁数:96ページ
発売元:株式会社扶桑社
ISBN :9784594612528

■内容
⇒2018年受賞商品など全398アイテムを徹底紹介
「大賞」「デザイン賞」「機能賞」「アイデア賞」のほか各部門賞の受賞ポイント、機能、使い方、バリエーションを徹底分析。

⇒ほか、「ブング・ジャム スペシャル座談会 最新文房具トレンド完全総括」「万年筆塗り絵の世界」「すぐに役立つ文房具収納術」「驚異のマスキングテープ進化論」「NEXT!バズり文具はコレだ!」など、さまざまな企画も充実

⇒話題の文具81アイテムを565名様にプレゼント
今回本書で紹介された魅力的な文房具を読者プレゼントしている。
詳細は本書で確認いただきたい。
応募締め切り: 2018年5月11日消印有効
応募は公式サイトからも可能。


まもなく新年度を迎えるにあたり、新入学・進級・新入社の時期となる。
お祝いに文房具を選ぶことはとても多いと思うが、上記のような”プロも欲しがる”文房具であれば、喜ばれ具合がグッと増す…かもしれない。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + two =