4月20日 今日は何の日

本日より二十四節気が一つ進み「穀雨」に入ります。
字からもわかるように、”穀物”のための”雨”ということで、空から恵みの雨が降り、地上のたくさんの穀物を潤す時季です。
雨で潤った田畑は種まきにはとてもよいそうで、昔からこの穀雨を田植えの準備をする目安にしているのだとか。
”晴明になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が降りなくなる”という言葉もあるそうで、冬服や暖房器具をしまう時季とも。

確かに、穀雨は春季最後の節気で、次はもう立夏です!早いですね!(◎_◎;)

同時に七十二候では「葭始生(あしはじめてしょうず)」。
水辺の葭が芽吹き始める頃という意味ですが、他にも山や野の植物も新芽や若葉が芽吹き、やわらかい緑色に包まれる頃でもあります。

新年度が始まっておよそ3週間。
少し疲れが出てきている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ちょっと外を眺めたり、ちょっと外に出てみると、いつのまにか周りにきれいな緑があることに気づきます(^^)
芽吹きだした木々や草花から、こっそり元気をもらっちゃいましょう(*^^*)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + thirteen =