4月20日 今日は何の日

本日は
二十四節気で「穀雨(こくう)」、七十二候で「葭始生(あしはじめてしょうず)」です。

穀雨は「春」の最後の節気になりますが、この時期の雨は「百穀春雨」とも呼ばれていて、地上にあるたくさんの穀物に恵みを与えると言われ、この穀雨に合わせて田畑の種まきの準備を始めたそうです。

そして穀雨の初候となる「葭始生」は、水辺の葭(葦)が芽吹き始める頃。山や野の緑が眩しくなる頃でもあります。これからどんどん緑がきれいになっていきますね!

ちょっと話はズレますが、葦(あし)は「悪し(あし)」と音が一緒なことから、「よし(善し)」という別名もあるのだそうです。縁起を重んじる日本人らしいですよね(^^)

記事提供:開運⭐︎こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + seventeen =