1月15日 今日は何の日

本日より七十二候の「雉始雊(きじはじめてなく)」に入ります。
雉が鳴き始める頃ということですが、詳しくは、この時季は雉の求婚の時期だそうで、”雄の雉が雌への求愛のしるしとして鳴く頃”とのこと。

雉の鳴き声といえば「ケーン!ケーン!」が有名ですが、さらに”母衣打ち(ほろうち)”と呼ばれる、胴に羽を打ちつけるように激しく振り「ドドドドッ」という大きな音も立てるそうで、山あいではこの音が早春の風物詩にもなっているのだそうです。

そして雉と聞いて思い出されるのが、桃太郎のお供として鬼退治でも活躍したことでしょうか(^^)
雄の雉は繁殖期になると、赤い顔がさらに赤くなり、自分以外の赤いもの(他の雄)を見ると、即、戦闘態勢に入るのですって!
もともと雄の雉は力が強いそうなのですが、繁殖期になるとさらにパワーアップするそうなので、”赤”鬼は、それはそれは強烈な攻撃を受けたことでしょう(^.^)

さて、「雉始雊」は二十四節気「小寒」の末候になりますので、次の候に進むと一年で最後の節気である「大寒」に入ります。
一番寒さが厳しくなる頃となりますので、今から風邪予防対策などをしっかり行ってご自愛くださいませ(*^^*)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + ten =