10月27日 今日は何の日

本日10月27日は「世界新記録の日」☆

今から86年前の1931(昭和6)年の本日、神宮競技場で行われた体育大会で、日本初の世界新記録が誕生したのだそうです。
そんな素晴らしい記録を打ち立てたのは、南部忠平氏(走り幅跳び7m98)、そして織田幹雄氏(三段跳び15m58)です。

南部氏の記録は、その後40年近く日本記録として残っていたそうですが、現在の陸上競技場とは違って当時は土の助走路、そしてスパイクも旧式だったことを考えると、この南部氏の記録がいかにすごいものであるかがわかるそうです。

そして、織田氏は1928年のアムステルダムオリンピックで、三段跳びで金メダルを獲得し、日本人史上初の金メダリストでもある方なのだそうです。

競技大会は様々ありますが、やはりオリンピックが注目されますよね。
あと3ヶ月半後に平昌オリンピック、そして3年後には東京オリンピックが開催されます。
もちろん記録がすべてではありませんが、応援したいですね(*^^*)

 

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 3 =