1年前よりお金をかけていることがある人は7割弱!ー「消費意識」に関する調査ー

今後1年間の購買意欲が高くなると思う人は1割強
低くなると思う人は2割強

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、5回目となる『消費意識』に関するインターネット調査を2017年9月1日~5日に実施し、10,971件の回答を集めた。
このたびその調査結果が発表されたので紹介したい。

 

◆生活全体の支出額、収入額の変化

1年前と比べて、生活全体の支出額が増えた人は31.0%、若年層で比率が高い傾向だ。
減った人は15.6%、「変わらない」が53.3%となっている。
一方、収入額が増えた人は16.1%で年代が低いほど高くなっており、減った人は25.9%で過去調査と比べて減少傾向である。
「変わらない」は58.0%となった。

◆購買意欲の変化

1年前と比べて購買意欲に変化があったかを聞いたところ、「変わらない」が59.0%であった。
低い人は26.4%で高い人(14.7%)より多くなっているが、男性20代や女性20・30代では高い人の方が多くなっている。
購買意欲が高い人は、収入が増えた人の6割強、やや増えた人の4割弱だ。
購買意欲が低い人は、収入が減った・やや減った人で5~7割となった。

◆1年前よりお金をかけていること、お金をかけたいが我慢していること

1年前よりお金をかけていることがある人は7割弱で「食品・飲料」「旅行、レジャー」「外食、グルメ」が2~3割で上位にあがっている。
女性20代では「食品・飲料」「外食、グルメ」が上位2位、女性30・40代では「子供や孫の教育関係」の比率が高い傾向だ。

今年お金をかけたいが我慢していることがある人は7割弱で「旅行、レジャー」「外食、グルメ」「衣料品、アクセサリー」が2~3割で上位にあがった。
女性10~30代では「衣料品、アクセサリー」が1位、男性30代以上では「旅行、レジャー」「外食、グルメ」に続いて「デジタル・AV機器、家電」が3位である。

◆消費行動スタイル

現在の消費行動について近いものを選んでもらったところ、「節約はしつつ、ちょっとした贅沢も楽しむ」が37.6%、「常に節約を意識している」「必要なもの以外はなるべく買わないよう、我慢する」が各2割など、節約を意識する人が多いことがうかがえる。
「節約はしつつ、ちょっとした贅沢も楽しむ」は女性の方が高くなっている。

◆消費に関する考え方・行動

消費に関する考え方や行動で自分にあてはまると思うものを選んでもらったところ、「収入に見合った買い物をするべきだ」が43.7%、「必要な物かどうかをよく考えてから買う」「話題になっているものでも、自分の趣味にあわなければ買わない」が各3割強であった。
「買い物をすることは楽しい」は女性20・30代、「話題になっているものでも、自分の趣味にあわなければ買わない」は女性40代以上で比率が高くなっている。
消費行動スタイルで『購入したいものがあったら我慢せず、他を節約するなどメリハリをつける』と回答した人では、「自分が気に入ったもの・やりたいことには、出費を惜しまない」「価格が高くても質のよいものを選んで買う」が上位にあがった。

◆今後1年間の購買意欲の変化

今後1年間の購買意欲が低くなると思う人は22.1%で、高くなると思う人(11.9%)より多くなっており「変わらない」は66.0%であった。
購買意欲が高くなると思う人は、若年層で高くなっている。
また、1年前より購買意欲が低い人で、今後も低くなると思う人は5~7割となった。

 

最後に回答者のコメントを見てみよう。

<< 回答者のコメント >>

◆今後1年間の購買意欲が変化する理由 (全7,068件)
『高くなる』
・お金をもっていても、価値が大幅に崩れる可能性を感じるため。(男性53歳)
・習い事を増やしたので、外出の機会や会食の機会が増える。(女性67歳)
・実際に買う買わないは別として、仕事が忙しい時に欲しい物を考えるのは簡単な気分転換になるから。(女性41歳)

『低くなる』
・ほしいものがないから。経済状況から考えると、お金を使うべきではないから。(男性44歳)
・現時点で少しお金を使いすぎたと思っているので、来年以降は少し減らせたらいいなと思っている。(女性28歳)
・処分するのに手間やお金がかかるので必要なもの以外は買わないようにしている。(女性56歳)

『変わらない』
・何年も同じように過ごしてきたので、あまり変わらないような気がします。(女性41歳)
・我慢しなければならないと思いつつもついつい購入してしまうところ。(女性45歳)


自身の経済状況で、都度、消費行動は変わってくるものだと思うが、やはり、購買意欲をむき出しに”欲しいと思ったものは何でも買う”というのは、ほとんどの人が簡単にできるものではない。
節約と贅沢のバランスを保ちながら、自分ならではの上手なやり繰り方法を見つけることで、”我慢”とも上手く付き合っていけるのかもしれない。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − two =