6月5日 今日は何の日

本日6月5日から二十四節気「芒種」、そして七十二候「蟷螂生(かまきりしょうず)」です。

「芒種」の「芒」は”のぎ”と言って、稲の穂先にある針のような突起のことで、「芒種」はこの芒のある穀物や稲、麦など穂の出る植物の種を蒔く頃という意味です。
(実際の種まきはこの時季より早く行われるそうです)

「蟷螂生」はそのまま、かまきりが誕生する頃という意味ですね。
かまきりは農作物を荒らすことなく、害虫を捕まえてくれるありがたい存在なのだそうです。
あの顔と振り上げたかまは少し怖いですけど(^^+)

そしてこの頃から雨模様のお天気が増えてくるとのこと。
そろそろ梅雨入りの準備でしょうか(*^^*)

 

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 1 =