早くも人気!“Coffee Meets Books” 新業態「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」

株式会社ドトールコーヒー(本社:東京都渋谷区 社長:星野正則)は、Cafe&Bookの新業態「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」を6月30日に東京メトロ池袋駅直結の駅ビルEsola(エソラ)池袋4階に出店した。
開店からまもなく1ヶ月が経とうとしているが、すでに本好きにはたまらないスポットとなっているとのことなので、紹介したい。

 

《店舗概要》
店名:本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)
所在地:東京都豊島区西池袋1-12-1
客席数:禁煙116席(テラス喫煙可)
営業時間:10:30-22:00(ラストオーダー 21:30)

 

コンセプトは「Coffee Meets Books」

独自の選書センスで人気の高い「かもめブックス(神楽坂)」代表でエディトリアル・ジェットセット(書店をはじめとする店舗の企画・運営を行うプロジェクトチーム)の柳下恭平氏とコラボレートした、本と珈琲の新しいブランドだ。
本屋に併設するカフェではなく、喫茶店の中で思いがけない本との出合いや読書の時間を愉しんでいただくため、取り扱う約3,000冊の本は柳下氏が「あらたな本との出合い」をテーマに選書しているとのことだ。

店名の由来

店名の梟(ふくろう)には3つの意味があるという。
池袋(ふくろ(う))にある、販売する本がすべて袋(ふくろ(う))とじの本屋。
そして、「かもめブックス」と同じような親しみを込めて「ふくろう」という鳥の名前を冠した。
そこに、本を愉しむ「書房」、珈琲を愉しむ「茶房」をあわせ、「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」となったとのことだ。

サイフォン抽出する珈琲

日本スペシャルティコーヒー協会副会長、同トレイニング委員長を務める菅野眞博(同社取締役)がコンセプトに合わせて開発した「梟(フクロウ)ブレンド」は、グアテマラをメインにビターチョコレートのような深いコクとボディ感を表現した深煎りコーヒーだ。
オーダーを受けてからサイフォンで丁寧に抽出してくれる。

おすすめメニュー

BOOKシフォン(プレーン) 500円(税抜)

ホットドッグ(プレーン) 480円(税抜)

シークレットブック

約3,000冊の書籍のうち、販売する約2,000冊の書籍はすべて梟書茶房オリジナルブックカバーで袋とじされた「シークレットブック」とのこと。
中身は読んでみるまでのお楽しみ。
表紙に書かれた紹介文と自分のインスピレーションだけが、運命の一冊と出合う手掛かりだ。

4つのテーマの空間デザイン

店内の客席は「珈琲と食事を楽しむ」「読書と珈琲を楽しむ」「物思いに耽る」「お喋りする」の4つのテーマで空間デザインされており、その日の気分での使い分けが楽しめる。

詳細は関連WEBサイトで確認が出来る。

家族と、友人と、そして一人でも・・・。
外の暑い日差しを横目に、ゆっくりと珈琲を味わいながらゆったりした読書時間を設けてみてはいかがだろうか。

記事:編集部

 

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + seventeen =