「温泉むすめ」コラボ企画「秩父にみんなで来ちゃいなYO!」9月26日から発売中

KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山隆司)のグループ会社である株式会社近畿日本ツーリスト首都圏(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:田ヶ原 聡 以下、近畿日本ツーリスト首都圏)は、埼玉県と(一社)埼玉県物産観光協会が実施した「発見!体験!埼玉県宿泊型旅行商品コンテスト」に、国内旅行企画商品「秩父にみんなで来ちゃいなYO!」を応募し、優秀賞を受賞。これを受け、2018年9月26日よりツアーを発売している。

このコンテストは、現在埼玉県を訪問する観光客の多くが日帰りであるという実態をみて、宿泊することで新たな魅力を発見し体験してもらうため実施された。これは、埼玉県初の宿泊型ツアー販売促進の取り組みの一環である。そのコンテストでは、埼玉県の「自然」「歴史・文化」「グルメ・お酒」「スポーツ体験・アクティビティ」「アニメ聖地・ドラマロケ地巡り」の5つのテーマ(部門)に対し、全体で旅行会社10社から47本の提案があり、14本のツアーが優秀賞に選ばれた。

近畿日本ツーリスト首都圏が受賞したツアー「秩父にみんなで来ちゃいなYO!」は、「アニメ聖地・ドラマロケ地巡り」部門として「温泉むすめ」とコラボレーションした秩父地区を対象とした宿泊プランである。「温泉むすめ」とは、株式会社エンバウンド(本社:東京都渋谷区、代表者:橋本 竜)が展開する地方活性クロスメディアプロジェクトのこと。日本全国の温泉をモチーフにしたキャラクターとその声を担当する声優たちが、全国の温泉地を盛り上げるべく、アニメや漫画、ゲームなどを使った「アイドル活動」を通じて人々に“笑顔と癒し”を与えるプロジェクトだということだ。

キャラクターには、全国各地の温泉地の名がつけられており、その数は総勢100以上。昨年3月からの本格稼働にもかかわらず、主に10代~30代の若い男性にファン層が広がり、Twitterのフォロワー数はすでに35,000人を突破。詳細はこちらのWEBサイトで確認ができる。

さて、具体的なプランだが、宿泊者限定の特典として、「温泉むすめ」のキャラクターで、秩父をモチーフとした「秩父 美祭(ちちぶ まつり)」のイラストが入ったオリジナルTシャツがついてくるとのことだ。

そんなキャラクター「秩父 美祭(ちちぶ まつり)」の詳細や声はこちらのWEBサイトで確認ができる。

近畿日本ツーリスト首都圏では、本企画を通して、キャラクターファンである若い男性の顧客層に秩父に宿泊してもらい、秩父地区はもちろん、埼玉県の様々な魅力を知っていただくことで次なる来訪につなげ、宿泊施設や観光施設をはじめとした埼玉県の地域活性化を手伝っていきたいとのことだ。

日本のアニメは、日本にいるとなかなか気づけない読者もいるかと思うが、正真正銘「世界随一のアニメ」として世界のファンに認められ、れっきとした日本固有の文化としても名声を得ている。国内のターゲット層はもちろんのこと、その枠は世界というインバウンドにもつながる可能性も秘めているのではないだろうか。また、秩父はアニメの聖地としても名高い。代表作として「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」「心が叫びたがってるんだ」があげられる。秩父地域としては相性は良いのではないだろうか。

記事:編集部

秩父にみんなで来ちゃいなYO!」 概要

■設定期間:2018年10月6日~2019年1月30日(宿泊)
■プラン設定宿泊施設
[秩父地区]和銅鉱泉 ゆの宿 和どう/ナチュラルファームシティ農園ホテル/
ホテル美やま/いこいの村ヘリテイジ美の山
[長瀞地区] 花のおもてなし 長生館/長瀞レクリエーションホテル養浩亭
■宿泊者限定特典:「温泉むすめ」のキャラクター「秩父 美祭」イラスト入りオリジナルTシャツ
■旅行代金一例:ナチュラルファームシティ農園ホテル(1~5名1室利用/朝食付プラン):8,400円~20,800円

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 − eight =