増やしたいのは「睡眠」、減らしたいのは「通勤」〜女性に聞いた「1日の時間の使い方」調査〜

時間を上手に使うコツは「優先順位付け」「スキマ時間活用」

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が、自社が運営する、正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト『エンウィメンズワーク』上で「1日の時間の使い方」をテーマにアンケートを行ない、女性334名から回答を得た。
その結果が発表されたので紹介したい。

<調査結果詳細>

【1】勤務日(離職中の方は前職)の1日の時間の使い方を教えてください。

「1日の時間の使い方」について伺ったところ、「勤務:平均8.5時間」、「睡眠:平均6.3時間」、「家事:平均2.3時間」、「通勤:平均1.6時間」、「その他:5.3時間」という結果であった。なお、「その他」の内訳として、食事や趣味などが上位に挙がった。

 

【2】1日の時間のうち、もっと増やしたいと思っている時間を教えてください。 ※複数回答可

1日のうちもっと増やしたい時間、第1位は「睡眠」(63%)が圧倒的多数を占めた。「その他」には「勉強やスキルアップに時間を充てたい(24歳)」といった声が多く寄せられた。

 

【3】1日の時間のうち、もっと減らしたいと思っている時間を教えてください。 ※複数回答可

もっと減らしたい時間、第1位は「通勤」(43%)。「その他」には「朝の準備時間を減らしたい(28歳)」、「寝る前のスマホ時間を減らしたい(30歳)」など、時間の使い方を見直したい方が多いことが分かった。

【4】時間を上手に使うには何が大切だと思いますか? ※複数回答可

「時間を上手に使うコツ」を伺うと、第1位は「やることに優先順位をつける」(62%)だった。「完璧にこなすのではなく、できないことは後回しにする。優先順位をつけたり他の人に頼んだりすることも大事(26歳)」、「やる事に優先順位をつけ即行動。頼まれた仕事が入ってきますが、それも優先順位をすぐにつける。そうしないと仕事が終わらない上に、周りに迷惑がかかってしまう(37歳)」といった声が寄せられた。

第2位は「隙間時間を有効に活用する」(61%)。「通勤時間がもったいないので、この時間を利用して携帯で調べ物をしたりメールをチェックするなど時間を無駄にしないようにする(27歳)」といった声が挙がった。

 

最後に、”時間を上手に使うための具体的な工夫”も紹介されている。
内容は以下の通り。

<時間を上手に使うために工夫していること>

◯通勤時間はなるべく本を読むなどして趣味の時間にできるようにしている。頭の中でスケジュールをきちんと組み立て、無駄な時間が発生しないように気をつけている。(26歳)

◯シフト勤務のため、早番でしっかりと帰宅できる日はジムへ行く時間を取り、ストレス発散をしている。朝の時間を利用し、家事は朝の出勤前に行う。共働きのため主人と家事の役割分担をしている。(26歳)

◯タスクリストを作っている。事前にグーグルカレンダーを使い、一日のスケジュールを組む。(28歳)

◯疲れている業務後ではなく、朝の時間に学習するようにしている。(28歳)

◯1回に少しでも多く同時進行してやることを片付ける。(29歳)

◯食材は宅配サービスを使ったり、インターネットでの買い物を利用し、出かける時間を短縮する。包丁を持つのを週に2日と決めて、食材をまとめて処理をしてしまう。(30歳)

◯タイマーをセットし、「何時からこれをする」とタイムスケジュールを決めてすること。(32歳)

◯すぐ行動するようにしています。気にしながら先延ばしにしていると、精神衛生上もよくない。(36歳)

◯電化製品や調理道具を上手く使い、料理時間を短くする(36歳)

◯移動中に勉強したり、洗濯しながら料理作るなどの段取りをつけておけば、同時並行でも進められる。そのために、前もってやるべき事をあげておく。(41歳)

◯次回から速く処理できる方法を思案し、1時間掛かることを15分でできることを目指す。(43歳)

◯家事の時間で一番時間のかかる夕食の支度に関しては、常に家にある素材を把握して買い物をし、アプリなどで材料からメニューを決めている。(49歳)

 

<調査概要>

■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査対象:『エンウィメンズワーク』 を利用するユーザー
■有効回答数:女性334名
■調査期間2017年12月21日 ~ 2018年1月24日


”時間”はすべての人に対して平等に与えられているが、”有限”のもの。
それぞれに、生活環境や仕事環境が異なるため一概には言えないが、記事内の「時間を上手に使う工夫」などはご自身の”時間の使い方”への参考にしてみるのも良いかもしれない。

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =