西武池袋本店にて 春のカレーパンフェスタ開催

〜10,000個以上カレーパンを集めたフェスティバル 2017年4月19日(水)10:00より一週間、西武池袋本店食品館地下1階(中央8おかず市場 特設会場)にて開催〜

一般社団法人日本カレーパン協会(東京都港区、理事長やすひさてっぺい 以下、日本カレーパン協会)は、カレーパングランプリ等で受賞をした各メディアで話題のカレーパンだけを一堂に集めた「春のカレーパンフェスタin池袋西武本店」を、2017年4月19日(水)10:00より一週間、西武池袋本店食品館地下1階(中央8おかず市場 特設会場)にてプロデュースする。

日本カレーパン協会は、西武池袋本店で開催する理由を、

「それは、まだ昨年開催した「真夏のカレーパンフェスタ2016」の感動を経験していない多くの方々にも、カレーパンの素晴らしさを知っていただきたいためです。より広く、多くの方々にカレーパンを知っていただくには、遠方から多くの方が集まる場所でカレーパンのイベントを開催することは必須だと考えました。JAPAN TODAY誌によりますと、池袋駅は年間9億人を越える人々が利用している、世界でも有数の利用客の多い駅です。また、埼玉や東京23区外、そして神奈川とも1本でつながるハブ駅であるため、より広い地域の方々にカレーパンを楽しんでいただけると確信しました。また、最先端のカレーパンを紹介するには、1940 年より池袋から最先端のトレンドを発信し続けている西武百貨店池袋本店こそが最高かつ最適だと考えました。」

以上の様に述べている。

また、なぜこの時期なのか、という理由については、

「私たちは、この時期に開催したい2つの理由があります。

1つ目は、今まさに「2017年のうまいカレーパン」を選出している時期だからです。日本カレーパン協会では、第2回カレーパングランプリを開催しており、日々全国のカレーパンタジスタよりおすすめのカレーパンがエントリーされております。2016年に話題になったカレーパンを集めた「春のカレーパンフェスタin西武池袋本店」は、2017年に応援したいカレーパンを選ぶための一つの指標になると信じています。

2つ目は、カレーパンに含まれるスパイスが花粉症予防に効果を発揮すると言われているためです。
厚生労働省の発表に依ると、全国の20%程度の花粉症患者が日本におり、年々低年齢化が進んでいます。そのため、春がつらい季節と位置付けている方々も多いのではないでしょうか。インド工科大学グワーハーティー校の A. B. Kunnumakkara 准教授らによると、カレーに使われるコリアンダーは花粉症に効果があるスパイスとして,伝統的に利用されていることが分かっています。簡単に安価で入手でき、抜群においしく、いつでもどこでも手軽に食べられるカレーパンはまさに春にこそ食べていただきたい食べ物なのです。」

と述べている。

ここで、具体的な「春のカレーパンフェスタin池袋西武本店」の概要をここで説明したい。

全国のカレーパン好きが選んだ美味しいカレーパンを集め、更に、カレーパンに詳しい日本カレーパン協会会長、佐藤絵里氏が、TBSの番組で「知らない世界」として紹介したカレーパンも今回に合わせて準備したとのことだ。
開催場所は「気軽に立ち寄れるデパ地下」を選択し、より利用しやすい工夫もされている。
食べ比べができるように個別包装をして販売してくれるとのことで、その場で食べても、持ち帰って家でゆっくり楽しむこともできるようになっており、配慮がなされている。

開催日ごとに出店されるカレーパンが異なるとのことで、毎日訪れてバリエーションの違うカレーパンを楽しむことも出来るとのこと。

開催詳細は以下のとおりだ。

開催日: 2017年4月19日(水)10:00 開始 ~ 2017年4月25日(火)21:00 終了
場 所: 西武池袋本店食品館地下 1 階(中央 8 おかず市場 特設会場)
主 催: 株式会社そごう・西武 西武池袋本店
後 援: 日本カレーパン協会
参加費: 無料(カレーパン、その他の商品は有料)

カレーパン好きの方は勿論のこと、興味のある方は複数日訪問してみてはいかがだろうか。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − four =