3月30日 今日は何の日

本日3月30日の誕生花に「アルメリア」があります。
ケルト語で「armar(海に)」という言葉が名前の由来とされているそうなのですが、元々ヨーロッパの海岸の砂地に生息していたのだそうです。

花言葉は「心づかい」「思いやり」。
お互いを気遣うように丸く集まって咲くところからついた言葉とのことですが、とっても素敵ですよね!

そしてアルメリアは1本の茎の先にいくつもの花を球状になって咲かせるのですが、この様子が簪(かんざし)に似ていて、さらに浜辺に自生するので、和名は「浜簪(はまかんざし)」というんです。
日本には明治時代に伝わったそうなので、まだ着物を着ていた女性が摘んで髪に挿していたかもしれませんね(^.^)

 

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − fourteen =