2月16日 今日は何の日

本日2月16日は「天気図記念日」☆
1883(明治16)年の本日、ドイツ人の気象学者であるエリヴィン・クニッピング氏の指導のもと、日本で初めて天気図が作成されました。
しかも7色刷りだったそうです(驚)!
現代のようにデジタル化が進んでいるわけではない時代に、7色刷りってさぞ手間もかかったことでしょうね。

それから天気図は1日1回発行されることになり、8月23日からは新橋と横浜の停車場に掲示されたのだそうです。
今、私たちが目にする天気図までの精巧さはなかったと思いますが、当時の人たちは掲示された天気図を見て”なるほど〜”と理解できたのでしょうかね(^.^)

本日は天気予報を見る時、天気図を意識して見てみたいと思います(*^^*)
(とはいえ、天気図が読めるわけではないのですが・・・^^;)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 − 8 =