2月13日 今日は何の日

本日2月13日は「苗字布告記念日」☆
1875(明治8年)の本日、明治政府の「平民苗字必称義務令」という太政官布告により、すべての国民が姓を名乗ることが義務付けられました。

実はこの5年前の1870年に、平民が苗字を名乗ることを”許可”する太政官布告が出されていたのですが、読み書きが得意ではない人が多かったり、また当時の国民は明治新政府を信用しておらず、苗字をつけたらそれだけ税金が課せられるのではないかと警戒し、なかなか苗字を名乗ろうとせず広まらなかったそうです。

現在、日本にはものすごい数の苗字がありますが、仲居も今までに「むむ?!これは何とお読みするのかしら??」という珍しい姓に遭遇したことが何度かあります。
ご両親がいろいろ考えてつけてくださった”名”と同様に、姓にもいろいろな意味や由来があるそうなので、本日の記念日をきっかけに、ご自身の姓の歴史を紐解いてみるのも面白いかもしれませんね(*^^*)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five − 4 =