12月13日 今日は何の日

本日12月13日は「正月事始め」の日☆
年神様をお迎えする準備を始める日ということで、現在でも「煤払い(すすはらい)」「松迎え」などに取り掛かる日とされています。

「煤払い」は年神様を迎えるために1年間の汚れを払い、清めることを指しますが、今で言うところの大掃除のことです。
昔は囲炉裏など、火種は薪や炭だったので、まずは”煤の汚れを落とす”ことがお掃除の始めだったのでしょうね。

「松迎え」は年神様が迷わずに家にお越しいただくための目印とされる”門松”にする松や、おせち・お雑煮などを調理するための薪など、お正月に必要な木を採りに行くことです。
今では”お料理のための薪を山へ採りに・・”ということは一般的ではなくなってしまいましたが、本日からお店や企業の玄関に門松を見ることが多いのではないでしょうか。
ぐっと年末の雰囲気が色濃くなりますよね(^^)

年越しまであと2週間ちょっと。
煤払いに関しては、1日で全部終わらせるのは大変ですから、本日のようなお天気の良い日に少しずつ進めていけると良いですね(*^^*)
(と自分に言い聞かせている仲居・・・^^;)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + eight =