5月2日 今日は何の日

本日は雑節の一つ、「八十八夜」です。
二十四節気の「立春」から八十八日目を指すことは、みなさまもよくご存知だと思います。
2018年の立春は2月4日でしたので、本日5月2日が八十八日目にあたります。

八十八夜は夏の準備を始める日、縁起の良い日と言われているそうですが、やっぱり思い出すのは”♪夏も近づく八十八夜~”、そう、「茶摘」の歌ではないでしょうか(^^)
「八十八夜の別れ霜」などの言葉があるようで、農家では八十八夜を過ぎると晩霜と言われる初夏の頃に降りる霜も終わり、気候が安定するため農作業開始の基準としているのだそうです。

この八十八夜の頃に摘まれる、その年に一番早く芽吹いた茶葉で作られたお茶を「新茶」「一番茶」と呼びますが、二番茶以降のものに比べて甘み成分の「テアニン」が豊富なため、とてもおいしいのですって!
さぁ、今年の新茶がいったいどんなおいしさなのか、とっても楽しみです(*^^*)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − 5 =