ヨーロッパから日本まで「きのこ」のアンティーク図譜の紙100枚収録!『きのこレターブック』!!

「秋の味覚」と聞いて”きのこ”を挙げる方も多いのではないだろうか。
各地できのこ狩りも始まっているようで、大いに秋を楽しむ頃となってきた。

そんな中、株式会社パイ インターナショナル(豊島区)が書籍『きのこレターブック』を刊行している。

18世紀~20世紀にかけてヨーロッパ、そして日本の生物学者たちにより制作された図譜を中心に、世界最古のきのこ切手など「きのこ」にまつわる紙を100枚収録!
表情豊かに描かれたキノコは美しく、構図もユニークで「絵」としての魅力にあふれている。
本書は1枚ずつ切り離せるので、額に入れて飾ったり、贈り物に添えるなど、自由に使うことが可能とのこと。

食べることはもちろん、”きのこ雑貨”も好きな方なら、ぜひとも持っておきたいと思う1冊であろう。
きのこ好きな方へのプレゼントにも最適ではないだろうか。

<誌面イメージ>

<書籍概要>

書名:『きのこレターブック
仕様:A5判(148mm×210mm)/ソフトカバー/ 208 Pages(Full Color)
定価:(本体1,680円+税)
発売日:2017年9月20日
発売元:パイ インターナショナル


贈り物に付けるメッセージに、ご無沙汰の友人への秋のお便りに、メモやレシピを書いてキッチンに貼っておいたり・・・。
使う相手や場所によって絵を選ぶところから楽しめそうだ。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + seven =