小説購入のきっかけは、「ベストセラー・本屋大賞の受賞」が最多

〜小説に関する3万人調査〜

今年の夏は、雨続きだったり、かと思えば暑さが戻ってきたり、と外の活動が制限されがちだが、そんな時は室内でゆっくりと読書をして過ごす・・・というのも良いだろう。
また、夏休みということもあり、本に触れる機会も自然と多くなる時期、書店では小説を中心とした“夏の文庫フェア”なども開催されている。
そこで今回は、「小説」の好みや購買のきっかけなどについて、15~69歳の3万人を対象に調査した。

結果は以下のとおり。

 

調査結果

1、2人に1人が “普段から「小説」を読んでいる”、好みのジャンルは「推理」がトップ

■「小説」の読書状況についてたずねると、2人に1人に当たる50%(※1)が普段から小説を読んでいることがわかりました。
※1「購入して読む」35%と「購入しないで読む」15%の合計

Q1 ) 普段「小説」を読むか
ベース:全体 / n=30,000

 

■小説を普段読む人に、どのようなジャンルの小説を読んでいるかをたずねたところ、1番人気は「推理」56%で、2位以降と大きく差をつけました。次いで、「ヒューマンドラマ」34%、「歴史」33%と続きます。

Q2 ) 読む小説のジャンル <上位5つを抜粋>
ベース:普段小説を読む人 / n=15,125

 

2、“小説作家の認知度ランキング” 1位から「村上春樹」、「又吉直樹」、「東野圭吾」

■知っている小説作家と、その中で実際に作品を読んだことがある作家についてたずねました。

“小説作家の認知度ランキング”のトップ3は、1位から「村上春樹」75%、「又吉直樹」73%、「東野圭吾」71%

“読んだことがある小説作家ランキング”のトップ3は、1位から「東野圭吾」59%、「宮部みゆき」50%、「村上春樹」44%

となっています。
2つのランキングを見比べると、“認知度ランキング”2位の「又吉直樹」は、“読んだことがある小説作家ランキング”で大きく順位を下げ12位という結果になっています。

Q3 ) 小説作家の認知度ランキング トップ15
ベース:全体 / n=30,000(複数回答可)

 

Q4 ) 読んだことがある小説作家ランキング トップ15
ベース:全体 / n=30,000(複数回答可)

 

3、小説購入のきっかけは、「ベストセラー・本屋大賞の受賞」が最多

では、どういったことがきっかけで小説を買ってみようと思うのかたずねると、最多は「ベストセラーや本屋大賞などを受賞した」、次いで「ドラマや映画の原作となっていた」「書店のPOPやサイトのクチコミで興味をそそられた」と続きました。

Q5 ) 本を買うきっかけ<上位5つを抜粋>
ベース:全体 / n=30,000(複数回答可)

 

▼調査概要
調査主体 マクロミル
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象 全国15~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法 平成27年国勢調査による、全国5エリア×性別×年代の人口動態割付/合計30,000サンプル
調査期間 2017年6月26日(月)~6月28日(水)
※本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
※百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。


涼しい部屋で読書を楽しむ、そんな夏の過ごし方をお好みの方も多いだろう。
本好きな方もあまり読まないという方も、まだまだ続く残暑の候、「巷の人はどんな本に興味があるのか」を参考にしていただき、本屋をのぞいてみてはいかがだろうか。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − two =