7月26日 今日は何の日

本日7月26日は「日光の日」。

時はおよそ1200年前の820年(弘仁11年)の本日、あの真言宗の開祖と言われる弘法大師が「日光山」を命名しました。
もともとは「二荒山(ふたらさん)」だったのですが、弘法大師が「二荒」の文字が感心しないと言い、「にこう」と音読し、それに「日光」の字を当てたと伝えられているそうです。

今では「日光」は世界に誇る観光地と言われるほどになっていますが、弘法大師が名付け親だったとは!

でも”名は体を表す”ではないですが、確かに字だけを見ると「二荒」より「日光」の方が穏やかさや明るさなど良い印象がありますよね(^^)
弘法大師も字が与えるイメージを大事にしていたのかもしれません(*^^*)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − 6 =