4月27日 今日は何の日

ちょうど1世紀前、1917年の本日、京都の三条大橋から東京の上野不忍池までを3日間かけて走る「東海道五十三次駅伝競走」が始まりました。

これを記念して、4月27日は「駅伝誕生の日」☆

およそ508kmという距離を昼夜兼行で23区間で行われ、27日の午後2時にスタートをして勝ったチーム(参加は2チーム)がゴールをしたのは29日の午前11時34分だったとのことです。

この日本初の駅伝は評判となり、3年後の1920年に第一回箱根駅伝が開催されるまでとなりました。

今ではたくさんの感動を与えてくれる駅伝ですが、当初、どうしてこのような競争をやろうと思ったのでしょうね(^.^)

記事提供:開運⭐︎こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 4 =