【 平成30年秩父市議会議員一般選挙 】立候補者各々の訴えは『選挙公報』で確認を

任期満了に伴う平成30年秩父市議会議員一般選挙(定数22)は3日後の4月22日に投開票される。告示日に当サイトでも発信の通り、立候補者は、現職16名、元1名、新人7名の計24名。選挙期間中(4月15日〜21日)の現在、秩父市内は各立候補者による街頭演説や選挙カーでの訴えが各所で繰り広げられている。

そんな立候補者各々の訴えは『選挙公報』で確認することができる。選挙公報には、候補者の氏名、経歴、政見等が掲載されており、新聞(朝日・埼玉・産経・東京・日経・毎日・読売)への折込みにて既に配布されており、24名全候補者を確認することができる。新聞未購読者やWEB上から確認したい方向けに、秩父市選挙管理委員会により秩父市HPへ同内容を掲載しているので、投票前に目を通しておきたいものだ。

■秩父市議会議員一般選挙 選挙公報

投票日まで残り3日、誰に託すべきかを熟考するにまだ時間はある。立候補者それぞれの訴えをこの『選挙公報』で確認し、これからの秩父市を思いながらその一票を投じていただきたい。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + fourteen =