4月10日 今日は何の日

本日4月10日より七十二候で「鴻雁北(こうがんかえる)」に入ります。
冬の間、南に渡っていたツバメが日本にやってくるこの時季、逆に冬を日本で過ごした雁が北の国へ帰っていく…それが「鴻雁北」です。

”鴻雁”とは、渡り鳥の「がん」のことで、”鴻”は”ひしくい”と言って大型のがん、”雁”は小型のがんを指しているのだそうです。
また”雁”は”かり”とも読みますが、「雁帰る(かりかえる)」は春の季語にもなっています。

さらに、雁って群れで行動する鳥ですが、仲間や家族の繋がりがとても強く、この北へ帰る時季に、怪我をしたり体調不良で飛ぶことができない仲間がいると、その雁が元気になるまでみんなで残ると言われているのですって!
なんて仲間思いな鳥なんでしょう(≧∇≦)

もし今後、北へ帰る雁の群れを見ることができたときは、”みんな元気で帰れたんだね〜”と安心しちゃいそうです(*^^*)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − 3 =