2月9日 今日は何の日

本日より七十二候で「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」に入ります。
立春の次候で、音読みで”こうおんけんかん”とも読むそうで、意味はそのまま、うぐいすが鳴き出す頃です。

鶯は、「春告鳥(はるつげどり)」「春知らせ鳥」という別名を持っているそうで、まさに立春の期間にふさわしいです(^^)
“ホーホケキョ”という鳴き声を聞くと、「あ!うぐいす!春が来たなぁ〜」って自然に思えますよね。
中でも、その年の一番初めに聞くうぐいすの声を「初音(はつね)」というのですって。

改めて、日本ならではの素敵な言葉に感動いたしましたo(≧▽≦)o

今年の「初音」がいつ聴けるのか、とっても待ち遠しいです(*^^*)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × four =