秩父駅弁研究会『秩父わらじ豚味噌丼』いざ、どんぶり選手権本選へ

『秩父BAR』なるものが「ふるさと祭り東京2018」に出現するという記事(記事はこちらから)は昨日ご紹介したとおりだ。同じく秩父の食を代表して『秩父わらじ豚味噌丼』が同イベント内で開催される「全国ご当地どんぶり選手権 本選」に出場するというのでご紹介したい。

「ふるさと祭り東京2018」で “秩父をまるごと味わえる贅沢たっぷりどんぶり”

「ふるさと祭り東京」は日本全国各地域の祭りや食を見て味わって楽しむことができるイベントであることから、地域の特産品を食べて飲んで楽しんでもらおう、というブースが数多く出店する。
「どんぶり選手権 本選」は、そんな食に関する数ある出店の中でも特に大きな食のテーマイベントのひとつだ。
今回で9回目となる「全国ご当地どんぶり選手権 本選」は、この「ふるさと祭り東京」内にて開催されている。本選に出場するためには事前に予選会(前回記事)* があり、数あるどんぶりから選ばれし11どんぶりと、昨年本選出場し得票数上位となった3どんぶりがシード権にて出場、合計14どんぶりで今回の本選となる会期10日間(1月12日〜1月21日)を戦う。
*予選会直後の発表から一部出場どんぶりに変更あり

順位づけは、どんぶりを食べ比べた来場者が気に入ったどんぶりに投票をするスタイル、会期中の得票数が多かったどんぶりが栄光に輝く。

秩父わらじ豚味噌丼』は、FIND Chichibu 食文化販路拡大分科会が取り組むどんぶりで『秩父駅弁研究会』のチーム名で出場、前回も本選へ出場しており、前回のどんぶりの内容をリニューアルして今回の本選へ挑む。
ご当地どんぶりがコンセプトだけあり、秩父の「人気グルメと特産品」をふんだんに取り入れた“秩父をまるごと味わえる贅沢たっぷりどんぶり”に仕上がっているという。
どんぶりに所狭しと盛り付けられた秩父の特産品の各種類はこちらからご確認いただきたい。

『ふるさと祭り東京 2018』

■会期:2018年1月12日(金)~21日(日) 10日間開催
※21日(日)は18:00閉場/各日開場30分前より受付

■会場:東京ドーム

■詳細:ふるさと祭り東京HP http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

◎「第9回全国ご当地どんぶり選手権」結果発表

■開催日時:1月21日(日) 16:20~
■開催場所:東京ドーム内「ふるさとステージ」


秩父の食を一丼で堪能できるこのどんぶり。味わった後は投票をお忘れなく。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × five =