秩父商業青年経営者研究会主催 特別公演会『命と向き合う』1月28日開催

バンドウイルカ “フジ” の人工尾びれ開発者・美ら海水族館の獣医師が語る

秩父商業青年経営者研究会(事務局:秩父商工会議所内、代表:山田和男氏(秩父市 もとまち動物病院院長) / 以下、商青研)は、第500回の例会開催を記念して特別講演会を開催する。

商青研は昭和50年(1975年)に発足、今年で運営42年目となる秩父地域の商業経営者を中心に活動する団体だ。
今回の講演会開催にあたり、代表の山田氏に話を聞いた。

Q1)この講演会を企画した経緯は?

「例会が500回を迎えることを記念して、秩父地域の皆様に広く貢献できる講演会を行いたい、という気持ちからこの講演会を企画し開催する運びとなりました」

特別公演会のタイトルは『「命と向き合う」〜沖縄美ら海水族館の獣医師の視点より〜』 という。

Q2)なぜ、このような『命』を題材とした講演会を企画するに至ったのか?

「現在、代表を務める私(山田氏)は、獣医師であり、記念例会の題材を選定する際、その(獣医師という)特性を活かせないかと考え、この題材にクローズアップした講演会を企画しました」

この講演会は入場無料、事前申し込みも不要であり当日の先着順で入場できるという。

Q3)実際に、どの様な方々に聞いてもらいたいか?

「秩父地域の皆様、特に小学生や中学生の人に聴いて頂きたいです」
「共に街をつくり共に生きる市民の皆さんや、これからの未来を創る小学生や中学生の皆さんと『命というかけがえのないものに向き合う』時間を共有し、かつ学びたいという商青研の気持ちが込められています」

参加者対象を限定することなく、幅広い世代に貢献できるよう企画された今回の講演会。
慌ただしく過ごしがちな現代、このような機会に少し立ち止まり、身近な人たちと共に命の尊さを知り、命と向き合う時間を持ってみるのはいかがだろうか。

概要は以下のとおり

秩父商業青年経営者研究会 第500回記念例会 特別講演会
『命と向き合う 〜沖縄美ら海水族館の獣医師の視点より〜』

■講師:植田 啓一氏(バンドウイルカ “フジ” の人工尾びれ開発者)

■日時:平成30年1月28日(日) 13:00開場 / 13:30開演

■会場:秩父宮記念市民会館 1階大ホールフォレスタ

■入場無料、先着順(約700席):事前申込不要

■主催:秩父商業青年経営者研究会

■問い合わせ先:秩父商業青年経営者研究会事務局(秩父商工会議所内)TEL 0494-22-4411

 

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =