6月10日 今日は何の日

本日6月10日は「時の記念日」ですね。

時は天智天皇10年4月25日、漏刻(水時計)と鐘鼓によって初めて「時」を知らせたという記述が日本書紀にあったことから、この日を太陽歴に換算した(671年)6月10日が記念日となりました。

実際に制定されたのはは1920(大正9)年。
当時の東京天文台(現:国立天文台)と生活改善同盟会により「時間をきちんと守り、日常生活の改善・合理化を図ろう」と定められました。

子午線が通っている兵庫県明石市では毎年イベントが行われていたり、天智天皇をお祀りしている滋賀県の近江神社では時計に関する「漏刻祭」というお祭りを行っているそうです。

毎日無意識に過ぎていく1分、1秒ですが、本日くらいはその2度と戻らない「時」に意識を向けて大切に過ごしたいですね(*^^*)

 

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 7 =