西武鉄道 所沢駅 2018年3月上旬開業の新たなランドマーク名称は『グランエミオ所沢』に決定

西武鉄道所沢駅にて開発が行われている「所沢駅東口駅ビル計画」において、2018年3月上旬に開業(第Ⅰ期)する商業施設の名称及びキーテナントが決定した。

株式会社西武ホールディングスから発表の詳細内容は以下のとおり。

1.施設名称について

現在、西武鉄道沿線では16ヶ所で駅ナカ商業施設「Emio(エミオ)」ブランドを展開しておりますが、本施設においては所沢駅の持つ高いマーケットポテンシャルに加え、駅ナカの利便性と幅広い業種が集積するバラエティ性溢れる商業施設として、「グランエミオ所沢」に決定しました。
なお、「Grand(グラン) Emio(エミオ)」ブランドでの展開は西武鉄道池袋線の大泉学園駅に続き2施設目となります。

2.キーテナントについて

「グランエミオ所沢」はコミュニティ型(生活圏型)商業施設をコンセプトに店舗構成をおこなっており、西武鉄道沿線において初出店となる高感度セレクトアパレルブランド「B(ビー):MING(ミング) LIFE(ライフ) STORE(ストア) by(バイ) BEAMS(ビームス)」「URBAN(アーバン) RESEARCH(リサーチ) DOORS(ドアーズ)」のほか、幅広い世代から高い支持を集める「ユニクロ」が出店し、新たなライフスタイルの提案によりエリアのファッションシーンを牽引してまいります。

また、駅利用者や近隣住民の方の需要が高い1階食品フロアにおいては「京都 八百一」「魚力」「TAKAGI FOODS」といった生鮮三品をはじめ、食の専門店29店を集積し明るさと温かみを感じさせる大空間となります。

さらに、4階には所沢市のパスポートセンター・サービスコーナーが入居するなど、駅立地の利便性を活かした地域の公共サービス機能を提供いたします。

 


以上、開発計画に関し新たな情報が発表された。これからの動向も気にしながら新しいランドマーク施設のオープンを楽しみに待ちたい。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven − 5 =