7月24日 今日は何の日

本日7月24日の誕生花に「延齢草(えんれいそう)」があります。

延齢草は、花びら・雄しべ・萼・葉の数がすべて3の倍数になっているのだそうです。
確かに画像を検索して見てみましたら、どれもその通りでした(^^)

そして延齢草は葉が大きく、花が小さいという特徴を持っているのですが、3枚の大きな葉がプリンセスのドレスのように見えるので「森の貴婦人」とも呼ばれているとのことです。
そんなドレスのように広がった3枚の葉の真ん中にちょこっと小さい花がさりげなく咲いている姿から、花言葉は「奥ゆかしい美しさ」。

と、姿から素敵な名前や言葉がつけられていますが、有毒植物とのことなので、絶対に口にはしないように…とのこと。
ですが、名前を見るとなんだか体に良さそうな・・・???
実は、その昔食べ過ぎや食あたりの時に根を煎じて飲むことで食べたものを吐き出させる胃腸薬の役割をし、命拾いできることから「延齢草」と呼ばれていたことが名前の由来で、使い方次第では薬になると知られた植物なのだそうですよ。

今はその「奥ゆかしい美しさ」を眺めるだけにしておきましょう(*^^*)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + 4 =