「月に1回以上食べる」が約5割!「外食のカレー」に関するアンケート

〜「インドカレー」の支持と「スパイス文化」の浸透、外食での本格カレーが人々の生活に完全定着した理由〜

日本人の好きな食べ物の上位に必ずランクインする「カレー」。
海外の国名を打ち出しての専門店もよく目にするようになった。
子供から大人まで好きな人が多いカレーは、月に数回作るというご家庭も少なくないのではないだろうか。

この度、日本最大級の実名グルメサービス「Retty(レッティ)」を運営するRetty株式会社が、「外食のカレー」について、同社ユーザー3,622名を対象にアンケートを実施したので紹介しよう。

【調査結果概要】

■「月に1回以上」食べる人が全体の約5割
外食のカレーを「すごく好き」との回答が全体の約4割、「まあ好き」との回答を合わせると、全体の9割超が外食のカレーを好きであることがわかった。
また、食べる頻度については、全体の約5割が「月に1回以上」食べると回答した。

■場所は「専門店」が主流
外食でカレーを食べる人のうち、約8割がインド料理やタイ料理といった各国料理店を含む「専門店」で食べることが多いと回答し、お気に入りのカレー店が2店以上あるとの回答も約8割に上った。

■「インドカレー」が浸透、「スパイス」にこだわる「本格派」が人気
好きなジャンルについては、「インドカレー」との回答が約7割で最も多く、外食のカレーの定番となっている模様だ。
外食のカレーについて重視することは、「おいしさ」との回答が約9割、次いで「価格」「スパイス(店のこだわりの有無など)」「辛さ」「各国現地で提供される味であること」と続いた。
近年は「南インド」「北インド」「スリランカ」「ネパール」「バングラデシュ」といった南アジア各地域の専門店や、大阪を中心とした様々なオリジナルのスパイスカレー店が注目を集めるなど、外食のカレーの多様化が、アンケート結果にも反映されていることがうかがえる。

【調査結果】

<あなたは外食のカレーが好きですか?(回答はひとつ、n = 3,622)>

<あなたは外食(専門店、チェーン店、ファミリーレストランなど外食であればどんなものでも)でカレーを食べますか?(回答はひとつ、最も近いものをお答えください、n = 3,622)>
 ※以下は、外食でカレーを「よく食べる」「まあ食べる」「時々食べる」「たまに食べる」ユーザーの回答

<あなたが外食でカレーを食べるのはどんな店が多いですか?(回答はいくつでも、n = 3,290)>

 

<あなたはお気に入りのカレー店がいくつありますか?(回答はひとつ、チェーン店の場合は1ブランドを1店としてカウント、n = 3,290)>

 

<あなたは外食でカレーを「いつ」食べたいですか?(回答はいくつでも、n = 3,290)>

<あなたが好きな外食のカレーのジャンルを教えてください(回答はいくつでも、n = 3,290)>

<あなたが外食のカレーについて重視することとして、当てはまるものを全て教えてください(回答はいくつでも、n = 3,290)>

 

【調査概要】
調査テーマ:「外食のカレーに関するアンケート」
調査方法:インターネット調査(Rettyアプリユーザー)
調査地域:全国
調査対象:Rettyのユーザー3,622名(男性2,020名、女性1,602名)
– 年齢構成 19歳以下 2%、20代 11%、30代 21%、40代 40%、50歳以上 26%
調査実施時期:2017年5月27日(土)〜6月2日(金)

 

なぜか夏になると食べたさが増すカレー。
外食のカレーには、家庭ではなかなか真似のできない本格的な味があり、また、その店にしかない味もある。
いろいろ食べ比べをして、”外でカレーを食べるならココ!”というお気に入りを見つけてみてはいかがだろうか。

記事:編集部

 

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × four =