6月26日 今日は何の日

本日より夏至の次候、「菖蒲華(あやめはなさく)」に入ります。

「菖蒲」と書いて、“あやめ”とも“しょうぶ”とも読みますよね。
実はこの2つはまったく違う植物であることをご存知ですか?

さらに「菖蒲(しょうぶ)」と「花菖蒲(はなしょうぶ)」もまた、種類が違うのだとか!?

端午の節句に用いられる“しょうぶ”はサトイモ科の植物で、“はなしょうぶ”はアヤメ科なのだそうです。

“しょうぶの花”が“はなしょうぶ”なのではないのですねΣ(・□・;)
(ちなみに“しょうぶの花”は花弁がなく、オオバコを太くしたような穂状です)

そして“あやめ”はアヤメ科の植物で、さらに見た目が似ている“杜若(かきつばた)”もアヤメ科です。
結果、青や紫などの美しい花を咲かせているのは、あやめ・かきつばた・はなしょうぶ。

だいぶややこしくなってきましたが、凛と咲くきれいな花を見かけたら“しょうぶ”ではないことは確かですね(^.^)

 

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =