7月25日 今日は何の日

本日7月25日は「最高気温記念日」☆

1933(昭和8)年の本日、山形市で最高気温40.8℃が記録されたそうです。
40℃を超える気温になったのは、ここ十数年くらいのことだと勝手に思っていたので、80年以上も前に記録されていたなんて驚きました(☆O☆)

そしてこの記録が塗り替えられたのはつい11年前の2007年8月16日、熊谷市と多治見市で観測された40.9℃でした。
さらに5年前の2013年8月12日に四万十市で41℃、今年7月18日に多治見市で40.7℃を記録が更新されました。
そして、つい2日前には熊谷市で41.1℃が観測されたことは、みなさまもニュースなどでお聞きになったのではないでしょうか。

今夏は、本当に異常な暑さで「災害レベルの暑さ」という言葉が出てくるほど。
みなさま、”自分は大丈夫”と過信せず、本当に本当に体調には十分に気をつけてくださいませ。

そして本日はもう一つ、「かき氷の日」でもあります。
上記の山形市の最高気温記録から、”かき氷を食べるのにふさわしい日”となったそうですが、実はかき氷には「夏氷(なつごおり)」という別名があって、本日7月25日の7(な)・2(つ)・5(ご)の語呂合わせもあって制定されたとのこと。

こんな語呂合わせができる日にちに最高気温を記録したという、この偶然にさらに驚きです(^.^)

この暑さで本当に氷が恋しい毎日ですが、氷の食べ過ぎにもご注意くださいね(*^^*)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + 9 =