7月5日 今日は何の日

突然ですが、みなさまは江戸切子の品は何かお持ちでいらっしゃいますか?
仲居は、贈り物として差し上げたことはあるのですが、自分自身は残念ながら持っておりません(><)
いつかはお気に入りの仲間に加えたい物リストの一つになっています(^.^)

江戸切子は江戸時代の1834年に江戸大伝馬町のビードロ屋さんから生まれたとされています。
そこから技術・技法が受け継がれ、今ではグラスやタンブラーを始め、徳利にお猪口、お皿や花瓶など、いろいろな物が作られていますが、あの繊細なカットが施されたガラスは本当に美しいですよね。

実は本日7月5日は「江戸切子の日」☆
切子の典型的な模様の一つに「魚子(ななこ)紋」というものがあります。
「魚子(ななこ)」→「七(なな)五(こ)」の語呂合わせで、制定されたそうです。

制定されたのは2008年なので、記念日の歴史としてはまだ10年と浅いのですが、きっと当時の江戸っ子の方々にもこの”洒落”は喜ばれそうですよね(^p^)

もし、本日がお誕生日や何かの記念日の方がいらしたら、江戸切子のお品を贈る…なんて”粋”なことをしてみてはいかがでしょう(*^^*)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + ten =