6月30日 今日は何の日

本日は6月30日。
カレンダー上では、ちょうど一年の前半最後の日ですね。
つい少し前に年賀状のやり取りをしたと思っていたのに、もう一年の折り返しなんて、本当に早いものです…。

さて、この6月30日に一年前半の半年間に身にまとわりついた穢れ(けがれ)を祓う「夏越の祓(なごしのはらえ」が多くの神社で行われます。
この時期に神社へ行くと、人がくぐることができるくらいの大きな輪を見かけます。
これは夏越の祓の行事にある「茅の輪くぐり」の「茅の輪」です。
茅(ちがや)という草で作られた大きな輪をくぐると、病気や禍(わざわい)を免れることができるというものです。
ぜひ、お時間があればお近くの神社で茅の輪くぐりをなさって、きれいな心身で後半の半年を迎えてくださいませ(^^)

<昨年の椋神社様の茅の輪>

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 16 =