國學院大學 奈良・平安時代の神式成人式を1月20日に再現『第11回 成人加冠式』

全国的に本年の成人式は先週開催されたところが多かっただろうが、國學院大學(渋谷キャンパス:東京都渋谷区東4-10-28)では、2018年1月20日(土)、渋谷キャンパスにおいて、奈良・平安時代に貴族の間で行われていた成人儀礼「成人加冠式」を開催する。国内の大学で、神式の成人式を公式行事として行うのは國學院大學のみという。

大学側は『近年、成人年齢の引き下げが国会で議論されるなど、成人意識のあり方が改めて考えられている中、日本文化理解と新成人としての強い自覚を促す「成人加冠式」は、改めてその価値が見直されるべき大切な儀礼だ』としている。

 式では、平安衣装をまとった男子が冠、女子は釵子(さいし)と呼ばれる髪飾りを「成人の証」として頭に着け、大学内の神殿に奉告。保護者や教職員、在学生からの祝福を受ける。

「加冠式」は元服(げんぷく)とも呼ばれ、古来より年の初めに、一人の人間を「大人」として認める重要な通過儀礼として行われてきた。國學院大学の「成人加冠式」では、全学部の学生を対象に参加者を前年12月より募集。他にはない色鮮やかな衣装が特に女子学生に好評で、近年は募集開始とともに定員に達する人気行事となっている。参加者は、白衣や袴の着方を事前講習で学び、本番に臨む。

第11回 成人加冠式 開催概要

日時:2017年1月20日(土)14:00~16:00
場所:國學院大學渋谷キャンパス祭式教室(渋谷区4-10-28)
参加者:新成人48人
在学生、教職員、保護者 計約100人

<式当日の流れ>
①加冠の儀
加冠役の教職員が新成人に冠や釵子を授与します。

②大学神殿奉告の儀
加冠役と新成人が、学内の神殿を参拝します。

③祝賀の儀
在学生が新成人に神楽舞などを披露します。


元服は耳にしたことがあるだろうが、現代において、「加冠式」の様子を見られる機会は滅多にないだろうと思い、この度取り上げた。
古より引き継がれる我が国の儀式や祭礼は、後世に大切につないでいっていきたいものである。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 3 =