埼玉県 アクティブシニアの地域デビューを応援、隊長に林家たい平さんが就任

〜『地域デビュー楽しみ隊』が発足 総監督は川越出身の市村正親さん〜

埼玉県は、地域活動の魅力を発信する『地域デビュー楽しみ隊』の結成にあたり、平成29年8月24日(木)に埼玉県知事公館において、発足式を開催した。

“アクティブシニア”とは、“元気な高齢者”のことをいい、“地域デビュー”とは、“地域で行われている活動に初めて参加すること”を指す。

埼玉県は「生産年齢人口が減少する中、シニアが蓄積した経験や知恵は社会の大きな力であり、地域社会の活性化、発展を図る上でシニアの活躍に大きな期待が寄せられている」とし、アクティブシニアの地域デビューを後押しするため、かねてより地域活動の魅力やノウハウを自らの体験を通じて発信する『地域デビュー楽しみ隊』の隊員募集を行っていた。

24日の発足式では、県民から選ばれた隊員のうち28名が、中央の花道を通って登場して開会。

上田清司埼玉県知事の登壇では「最近の高齢者は元気です。埼玉県の高齢者も元気ですので、これからのシニアの活躍に大きな期待が寄せられています。地域デビュー楽しみ隊の隊員の皆さんが埼玉県を引っ張っていただけたら良いなと思います。」と、当活動への期待を述べた。

続いて、川越市出身の俳優で、総監督に就任した市村正親さんがビデオで登場し「皆さんのパワーで地域を盛り上げましょう!そして、埼玉から日本中を元気にしていきましょう!」と隊員に向けてエールを送った。

そして、秩父市出身の落語家の林家たい平さんへ上田知事から隊長就任の任命書授与が行われ、林家たい平さんは「アクティブシニアに向けて、地域活動の楽しさを発信し、地域の人々の笑顔を生み出していくことを宣言します。」と、本活動への意気込みを述べた。

さらに発足式には隊の活動や県民の地域デビューを現場でサポートする県職員や市町村職員などの有志が立ち上げた女性グループ、「ちいきデビューひっぱりガールズ」のリーダーに就任するタレントの村田綾さんも応援に駆けつけ、「埼玉県出身埼玉県在住で、埼玉県が大好きです。これからメンバーの皆さんを引っ張っていけるよう頑張っていきたいです!」と想いを語った。会場では「ちいきデビューひっぱりガールズ」の皆さんが村田さんへ声援を送るなど、これからの活躍が期待される場となった。

 

▼各者コメント

■上田清司 埼玉県知事

最近の高齢者は元気です。埼玉県で高齢者が多いエリアは秩父ですが、皆さん元気ですから、医療費が少ないです。これからはそうした元気な高齢者の活躍に大きな期待が寄せられています。地域デビュー楽しみ隊の皆さんが埼玉県を引っ張っていただけたらと思います。例えば地域のちょっとしたボランティアなどに参加すれば、そこから地域の人々と触れ合えるきっかけにもなると思います。埼玉県民総ぐるみで頑張っていきたいです。

 

■地域デビュー楽しみ隊 総監督 市村正親さん(ビデオ出演)

埼玉県とは縁が深く、総監督に選んでいただけたことを嬉しく思っております。皆さんのパワーで地域が元気になれば、こんな素晴らしいことはありません!我々アクティブシニアが日本の明るい未来を担っていくと思います!

 

■地域デビュー楽しみ隊 隊長 林家たい平さん

地域デビュー楽しみ隊の隊長に就任させていただきまして、大変光栄です。落語の先輩で非常にアクティブな方々がいますが、林家木久扇師匠は80歳を超えているのに、ハリウッドへ行くなど、日々新しいことを吸収していて感心します。三遊亭小遊三師匠は最近トランペットを始めたそうですが、落語芸術協会で演奏仲間を作って色々と活躍されていて、励まされています。定年を迎えるための準備として、東京に通勤している方などは、都内で飲むのではなく自分の地元で飲むなど地元に自分の居場所を作るのがよいと思います。地元の人とのコミュニケーションによって仲間をつくり地域デビューにつなげていく作業がとても大切です。

 

■ちいきデビューひっぱりガールズ リーダー 村田綾さん

学生の時からボランティア活動をしており、生まれも育ちも埼玉で、埼玉県が大好きです!マラソン大会に参加した時に、ボランティアに参加しているシニアからエネルギーをもらい、改めて地域活動の魅力を感じました。今年で定年を迎える父と地域活動について話すことがあり、父には若い世代と触れ合えるような場所で是非活躍してほしいなと思っています。私たち「ちいきデビューひっぱりガールズ」は若い世代の力を使って、隊員のみなさんを引っ張っていけるよう、これから頑張っていきます!


埼玉県の取り組みであり、秩父市出身の林家たい平さんが隊長に就任というニュースをご参考までに。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 4 =