8月15日 今日は何の日

本日は「終戦記念日」。
すべての人の平和をお祈りいたします。

 

さて、8月15日は「刺身の日」とのこと。
時は1448年、室町時代後期、「刺身」が初めて文書に登場しました。

当時の書記官、中原康冨のこの日の日記に
”鯛なら鯛とわかるように その魚のひれを刺しておくので刺し身、つまり「さしみなます」の名の起り”
と書かれていて、これが初めて文書に登場する刺身についての記録とされているそうです。

今、私たちが「刺身」と言っているのは、生の魚介類の切り身のことですが、本来”刺して”いるものがないとダメなのですね(^.^)

2017年は刺身がラッキーフード☆
今夜のお食事に、お刺身はいかがですか(*^^*)

記事提供:開運☆こよみ屋総本舗
掲載:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 3 =